契約をスムーズ化|アパート経営のノウハウを失敗談から学ぶ|ネットの情報
模型とメンズ

アパート経営のノウハウを失敗談から学ぶ|ネットの情報

契約をスムーズ化

お金

少子高齢化社会となり、子供よりもお年寄りの割合が多くなる時代となりました。数年前であれば祖父母、父と母、そして子供といった3世代住宅が一般的でしたが、現在は別々で生活するパターンも多く、家庭によっては1人暮らしとなるお年寄りも増えているのです。持ち家のある人であれば、固定資産税などを年金で賄うこともできますが、持ち家が無い場合は賃貸物件を借りる必要があるでしょう。賃貸物件をビジネスとして運営している事業主としてはこのような、独り身のお年寄りと賃貸契約をする際は連帯保証人の提示を求める場合が大多数です。しかし、連帯保証人が準備できないという顧客は数多くいます。ですが、そのような顧客を最初から跳ね除けていては入居者が減り、家賃収入にも関わってくることでしょう。
そのように、賃貸を借りたいが連帯保証人を用意できない顧客へと利用を推奨したいのが賃貸保証会社なのです。賃貸保証会社は連帯保証人の代わりとしての役を担ってくれるサービスです。入居者は賃貸物件入居時に、保証料を賃貸保証会社に支払うシステムですが、賃貸物件を貸し出す方は特にコストは発生しません。このように、賃貸保証会社をバックエンドにつけておくことで、連帯保証人を用意できない入居希望者との賃貸契約をスムーズに進められるのです。仮に、入居者が賃料を滞納した場合でも賃貸保証会社からお金が支払われるので、収益面でも安心なのです。賃料を払わない入居者への催促役としても便利でしょう。